アルツハイマー型認知症の予防|進行を抑える食事

加齢に伴う脳の病気

窓

アルツハイマーは、脳が破壊されることによって思考力や判断力が低下し、正常な日常生活が送れなくなってしまう病気です。アルツハイマーの予防には脳トレが有効で、将棋や麻雀などのボードゲームや、楽器演奏やスポーツなどもその一種です。体や頭を動かすように心がけることで、アルツハイマーを予防することが出来ます。

Read More

健康的な脳細胞のために

笑顔の夫婦

代表的な症状とは

アルツハイマー型認知症とは、脳内に有害なたんぱく質がたまり、それが脳細胞を破壊してしまうことが原因で生じる認知症です。このアルツハイマー型認知症は男性よりも女性に多く、近年その患者数は増加傾向にあります。物忘れはアルツハイマー型認知症の代表的な症状のひとつです。年齢に関係なく誰にでも物忘れをしてしまうことはありますが、このような物忘れとの違いは自覚があるかないかだと言われています。例えば、一般的な物忘れの場合、何かを忘れてしまっても誰かにそれを指摘されれば思い出すことができます。それに対して、アルツハイマー型認知症の場合は指摘をされても思い出すことができません。忘れてしまったということ自体に気がつくことができないのです。

青魚と緑黄色野菜

最近の研究では食生活とアルツハイマー型認知症には密接な関係があることが分かってきました。そして、バランスの良い食事を心がけている人ほどアルツハイマー型認知症になりにくいということも分かってきました。アルツハイマー型認知症に効果が高いと言われているのが青魚と緑黄色野菜です。青魚にはドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸などの脂肪酸がたくさん含まれています。これらの脂肪酸には破壊されてしまった脳の神経細胞を再生するように働きかける機能があると言われています。緑黄色野菜にはビタミンCやビタミンEがたくさん含まれています。これらのビタミンには私たちの体内にある活性酸素を取り除く働きがあると言われています。アルツハイマー型認知症はこの活性酸素が暴れることも原因のひとつだと言われているので緑黄色野菜が効果的なのです。

脳細胞の衰えを防止

栄養補助食品

アルツハイマーの原因は、脳細胞の衰えにより、エネルギーとなる糖質を吸収できなくなることにあります。予防するには、若いうちからレシチンのサプリメントで、脳細胞の衰えを防いでおくことが大事です。レシチンの摂取により、細胞膜が正常に機能するようになれば、脳細胞は糖質をしっかりと吸収できるようになるのです。

Read More

様々なアプローチがある

サプリメント

アルツハイマーは規則正しい生活をおくることで症状が改善する場合があります。36の要因を全て治す方向で治療する事が大事です。また脳梗塞の治療に使われる薬が大きな効果を上げていることも証明されています。諦めない事が重要です。

Read More